img-1

AWSでクラウドを実現する

AWSは、クラウドコンピューティングサービスの一種であり、エンドユーザーにサービスを提供するのでは無く、Webサービスを提供している企業や開発者がAWSのAPIの機能を使って新しいネットサービスを提供出来るようにするプラットフォームのような使い方が想定されて公開されています。AWSでは、仮想化技術によって、ユーザーが好みのサーバOSを導入出来るようになっており、個々のユーザーの好みのクラウドサービスを構築出来る環境を整える事が可能です。



レンタルサーバーと違って、より高機能であり、クラウドサービスを運用する上で必要な機能を開発者自身で追加していく事が可能です。



クラウドコンピューティングの良い部分は、パソコンやスマートフォンやタブレット端末があれば、いつでもサービスにアクセスして利用出来るということです。



AWSでは、主要なデータベースソフトウェアが使えるようになっていますので、開発者が現在開発しているプロジェクトに合ったデータベースを導入していきますと、効率的に作業を進めていく事ができ、メンテナンスもしやすくなります。



クラウドサービスでは、ビッグデータ分析を行なう事も可能ですので、ビッグデータを活用して、サービスの利用者のニーズに合ったサービスを開発していき、提供する事も可能です。



AWSは、高性能なサーバを導入していますので、アクセスが集中してもサーバが動作しなくなるというようなリスクが少なく、利用しやすくなっています。



関連リンク

img-2

AWSでクラウドは従量制で利用できる

AWSのクラウドのメリットの一つが、従量制で利用できることです。自社でサーバを設置する場合でも、専用サーバを利用する場合であっても、もちろんですがコストは必要となります。...

more
img-3

AWSを使ったオリジナルのクラウドサービスの公開

AWSは、クラウドサービスを作る為の、APIとプラットフォームであり、アクセス数に応じて従量課金によって利用料金が発生します。AWSを使いますと、クラウドサービスに構築な機能を一から用意しなくても、APIを通して実現出来ます。...

more