img-1

AWSを使ったオリジナルのクラウドサービスの公開

AWSは、クラウドサービスを作る為の、APIとプラットフォームであり、アクセス数に応じて従量課金によって利用料金が発生します。
AWSを使いますと、クラウドサービスに構築な機能を一から用意しなくても、APIを通して実現出来ます。



また、仮想化技術によって、好みのサーバOSを選択出来ますので、使い慣れているOSを導入していく事が可能です。



AWSでは、数多くのAPIが公開されていますので、開発者はAPIを使って開発を進めていく事になります。

オリジナル性の高いクラウドサービスの構築が出来ますので、開発者が考えているサービスを展開していく事が出来ます。
リレーショナル・データベースを選択出来ますので、MySQLなど好みのデータベースを使ってWebアプリケーションを構築可能です。



OSとデータベースとWebサーバの組み合わせを色々と変えていく事で開発者の好みの環境を使って、クラウドサービスの開発を行っていく事が出来ます。



AWSには、様々なサービスが用意されていますので、開発者はログインしますと、そのサービスから自分の用途に合ったサービスを選択し、使っていく事になります。



レンタルサーバよりも柔軟で自由度の高いクラウドサービスを構築する事が出来ますので、高性能なWebサービスを開発・運用していく事が出来ます。
開発者は、AWSで色々と試す事が出来ますので、自由度の高い環境で開発者が公開したい内容のサービスを構築していくのが良いです。



関連リンク

img-2

AWSでクラウドを実現する

AWSは、クラウドコンピューティングサービスの一種であり、エンドユーザーにサービスを提供するのでは無く、Webサービスを提供している企業や開発者がAWSのAPIの機能を使って新しいネットサービスを提供出来るようにするプラットフォームのような使い方が想定されて公開されています。AWSでは、仮想化技術によって、ユーザーが好みのサーバOSを導入出来るようになっており、個々のユーザーの好みのクラウドサービスを構築出来る環境を整える事が可能です。...

more
img-3

AWSでクラウドは従量制で利用できる

AWSのクラウドのメリットの一つが、従量制で利用できることです。自社でサーバを設置する場合でも、専用サーバを利用する場合であっても、もちろんですがコストは必要となります。...

more