img-1

AWSでクラウドは従量制で利用できる

AWSのクラウドのメリットの一つが、従量制で利用できることです。



自社でサーバを設置する場合でも、専用サーバを利用する場合であっても、もちろんですがコストは必要となります。



普段は使っていなくても、一時的にアクセスが増えるのなら、それに応じたサーバのスペックが必要となるでしょう。

つまり、使っていない部分に対してもコストをかけなければならないのです。

AWSのクラウドを利用するメリットは従量制で利用できることです。



たとえばサーバを増設しなければならないと言ったときには、仮想空間上ですぐに増設が可能です。



そして、不要になればインスタンスを削除すれば良いだけです。

従量制で支払っていきますから、必要なときにインスタンスを立ち上げて、不要になれば削除するというように使っていけば、使っている間だけ料金が発生します。


キャンペーンで大々的に広告を打ったり、あるいはメディアに露出したりすると一気にアクセスが増えるでしょう。

このようなときだけのためにサーバを増強すると、その後はすぐに無駄になってしまいます。



AWSのクラウドを利用していれば、必要なときに必要なだけリソースを利用することができますし、使った分だけ支払えば良いのですから、コスト面では非常に優れていると言えるでしょう。

すべてをクラウドにする必要するのではなくて、一時的に増強する必要があるときだけAWSのクラウドを利用するというのも良い方法だと言えるでしょう。



関連リンク

img-2

AWSを使ったオリジナルのクラウドサービスの公開

AWSは、クラウドサービスを作る為の、APIとプラットフォームであり、アクセス数に応じて従量課金によって利用料金が発生します。AWSを使いますと、クラウドサービスに構築な機能を一から用意しなくても、APIを通して実現出来ます。...

more
img-3

AWSでクラウドを実現する

AWSは、クラウドコンピューティングサービスの一種であり、エンドユーザーにサービスを提供するのでは無く、Webサービスを提供している企業や開発者がAWSのAPIの機能を使って新しいネットサービスを提供出来るようにするプラットフォームのような使い方が想定されて公開されています。AWSでは、仮想化技術によって、ユーザーが好みのサーバOSを導入出来るようになっており、個々のユーザーの好みのクラウドサービスを構築出来る環境を整える事が可能です。...

more