img-1

AWSはIaaSのクラウド

AWSはクラウドの中でも最も普及しているものだと言われることがありますが、これはIaaSとして最大のシェアを握るという意味だと考えられます。
IaaSというと、Infrastracture as a serviceの略で、インフラ、つまりサーバの物理的な環境をサービスとして提供することを意味します。



サーバを運営しようと思うと、まず電源や空調などを整えなければなりませんし、そこに物理サーバを設置して通信回線を確保することが必要とされます。

ここまでのサービスを提供するのがIaaSです。


ですから、実際にサーバを稼働させるためには、OSを選択して、色々なアプリケーションソフトウェアをインストールすることが必要とされます。

桑名で葬儀の事前見積りの価値ある情報を探してみてください。

つまり、ソフトウェア部分はすべて自分で構築しなければならないのがIaaSです。



すでに物理サーバを持っていて、そのサーバで様々なサービスを提供している企業なら、それをそのままAWSのクラウドに移行することもできます。



こうすることによって、現在のサービスを全く同じサービスを提供しながら、AWSのクラウドに移行することができます。エンジニアとしては、物理的な部分のメンテナンスがなくなる分だけ作業を減らすことができた上で、ソフト面での今までと全く変わらずにメンテナンスをしていくことができるというメリットがあります。



自社でサーバを設置するよりもAWSを利用した方がコスト面では優れていると言えるでしょう。



関連リンク

img-2

AWSを使ったオリジナルのクラウドサービスの公開

AWSは、クラウドサービスを作る為の、APIとプラットフォームであり、アクセス数に応じて従量課金によって利用料金が発生します。AWSを使いますと、クラウドサービスに構築な機能を一から用意しなくても、APIを通して実現出来ます。...

more
img-3

クラウドコンピューティングのAWS

AWS(Amazon Web Services)は、Amazonが提供する、クラウドコンピューティングのサービスです。自社のウェブサイトを作ることを考えてみてください。...

more